*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 113話>

世子の「子作りしない宣言」は本気でした!お美しい嬪宮とまだ合宮してません!
王妃(文定王后)は懐妊しないと言いながらもちゃっかり妊娠してましたけどねー
さて王妃の兄たちが捕らえられましたが、長兄ユン・ウォンロは杖刑&流刑に、
試官買収を疑われたユン・ウォンヒョン承候官は杖刑&科挙の受験資格剥奪に。
ウォンヒョンは確証なく処分されたのでユン・ウンポや都承旨が疑問を呈します。
王妃を孤立無援にして世子を陥れる謀略だ!と大妃(貞顕王后)も抗議しますが、
外戚は噂になっただけでも罪!と決めている中宗は聞く耳ナッシング~なのです。

妓生房と引き換えにある人を科挙に受からせてとチャン・デインに頼むメヒャン。
チャンは朝鮮最高の名妓として知られるオク・メヒャンを福城君に紹介します。
枕を共にしたら望みを聞いてやるという福城君の条件をメヒャンが承諾すると、
しょせん妓生(キーセン)の貞操などそんなもの・・・と福城君が笑うのでした。

辞職願を出した領議政ナム・ゴン(南袞)が中宗22年に57歳で逝去しました。
ナム・ゴンの字は止亭、本貫は宜寧(ウィリョン)。文章に長け、筆法も美しく、
周囲に自分の主張が正しいと思わせる才能においてはピカイチだったとか。
成宗25年に文科に及第し、大司憲、大提学などを経て領議政にのぼりますが、
己卯士禍(←趙光祖の)に関わったことで生涯「卑しい輩」の烙印を押されます。
みずからの行いを悔やんだナム・ゴンは自分が書いてきた草稿をすべて燃やし
「正絹で身を覆うな、諡号を請うな、碑石を立てるな」と子弟に言い残しました。
文敬(ムンギョン)という諡号を与えられますが後に削奪されたそうです。

キム・アンロ(希楽堂大監)が暮らす流刑地を、息子の延城尉が訪ねてきました。
ナンジョンの指示に従えば自分が朝廷に戻れると希楽堂が息子に言い聞かせます。
遠地に赴任中の判府事ユン・イムたちは希楽堂からのメッセージを受け取り
「尚州の娘(敬嬪)が蘭の香り(ナンジョン)に酔い倒れる」と解釈しました。

ナンジョンは自分の服を着せたモリンを妙香山(ミョヒャンサン)へ行かせ
チャン・デイン一派の監視の目をごまかしてアリバイづくりに成功しました。
(でっかいカチェをかぶっておめかししたモリンがなかなか美しくて要注目です)
タンチュ僧侶の山寺に身を隠したナンジョンは勉強中のイム・ペクリョンと遭遇。
イム自身も気付いてない野心を見抜き「学者など捨てて野心を取れ」と言います。
人相見のパクおじさんは、豚に見えるよう口と四肢を切り取って焼いた鼠を用意。
それを手に延城尉宅へ向かう不審なナンジョン@変装中を商人ペクが目撃します!
スポンサード リンク
<「女人天下」あらすじ 114話>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 112話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント