*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「龍の涙」あらすじ 62話>

粛清を逃れたナム・ジェ(ナム・ウン兄)とイ・ジク(チョン・ドジョン手下)に
「忠誠を誓えば面倒を見てくれますよ」とハ・リュンが面会をセッティング。
好感度UPと勢力拡大のため“イイヤツ作戦実行中”のバンウォン(靖安大君)は
二人を快く受け入れ、ナム・ウンの名誉をそのうち回復するとまで言いました。
後にバンウォンは周囲の反対を押し切ってナム・ウンを一等功臣にしたそうです。

世子バンソクの墓のみすぼらしさにショックを受けて上王・太祖がおいおい泣き、
バンウォンはチョン・ドジョンの著作(特に『朝鮮経国典』)に改めて感嘆中。
トクシルは息子が病気だということにして本宅に息子を渡しませんでした。

見てもいない噂を言いふらしたのか?とチョ・ヨンムに責められたチョ・サイは、
噂の拡大を防ごうとチョ・バクとイ・ムに相談しただけとしらばっくれました。
その言い訳をイ・ムが肯定したため、チョ・サイは怪しくないということになり、
オレがチョ・ジュンに話したからだ!悪者扱いされる!と恐れたチョ・バクは、
いっそ朝廷の議題にしてしまおう!と上書を出して公の問題にしてしまいました。

証拠はあるのか?と元老たちに責められたチョ・バクは、誠嬪チ氏に頼ります。
この件は定宗の耳には入れたくないとバンウォン以下全員が思っているのに、
誠嬪がチョ・バクを連れて早々に定宗に報告し、あまりの内容に定宗が大憤慨。
彼らは功臣ですから靖安大君に相談すべきですと王妃(定安王后)が助言するも、
うやむやにはできない!オレが調査する!となぜか定宗がはりきっちゃいました。

チョ・ヨンムの家に集まった功臣たちは、仲間の名誉を守ろうと結束を固めます。
女の問題を持ち出すのは卑怯な男のすることだ!とお怒りのバンウォン親分に、
多数の私兵を抱えるイ・ゴイを潰す好機ですとイ・スクポン&ハ・リュンが提案。
とりあえずその問題の妓生ヒョドを連れて来いとバンウォンが指示しました。
イ・ゴイ親子が必死でヒョドを探すも、すでにバンウォン宅に連れて行かれた後。
息子イ・ジョはパパごひいきの妓生房をあえて避けていたのに、お気の毒ですね~
スポンサード リンク
<「龍の涙」あらすじ 63話>  | HOME | <「龍の涙」あらすじ 61話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント