*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 18話>

カン・ワンスクは偶然にも天主教の信者で、ユン・ボベの『天主実義』に反応。
彼女はイ・ビョクに会うために彼が亡くなったのも知らずに都へ来たのでした。
そこでソナはカン・ワンスクをイ・ビョクのお墓に連れて行って一緒にお参り。
するとちょうど天主教メンバーも墓前にやってきて、カン・ワンスクが合流します。
その後彼女はコロンバという洗礼名をもらい、最も活躍した女性となるそうです。
ユン・ボベとソナは、内禁衛に勤めるヤンの立場上、積極的にはかかわれません。
ソナはカン武官との縁談を「もう少し兄上のそばにいたい」と保留にしました。

内禁衛の武官である兄ヤンの立場があるので、ソナはそれ以上は関わりません。
吏曹参議キム・ウジンは貧しい王族に援助しただけで面識もなかったそうですが、
大妃(貞純王后)の意向を受けた勢力により厳しい追及を受けて配流が決定。
一方、恩彦君(ウノングン)と完豊君(ワンプングン)=常渓君(サンゲグン)は
義禁府に入れられたものの正祖の配慮で審問を受けることはありませんでした。
さらに提調尚宮クォン尚宮が、恩彦君夫人ソン氏に正祖の意図を伝えにいきます。
「恩彦君たちが捕えたのは王命ではありません。殿下がお米と反物を届けます。
お二人を助けるために配流しますので、それで江華島に家を用意してください」。

ところが!宜嬪の葬儀が行われる日、完豊君が義禁府の中で急死しました(毒?)。
お前ら何が望みなんだ!?といつもは穏やかな正祖が重臣たちを前に怒り狂い、
天主教のせいにするキム・ファジンを罷免、対抗勢力の右議政チェ・ジェゴンも追放。
これは、両者を罰することで政争を防ごうとする正祖の賢明な処理でした。
完豊君は“王子の礼”に則り弔う!という決定にぶーたれる大妃(貞純王后)には、
「みんなを処分して大妃様の望みは叶えましたから言わないでくださいね!」。
その後、恩彦君は江華島へと流され、江華若君と呼ばれる哲宗の祖父となります。
チェ・ジェゴンも、天主に傾倒する仲間を心配しつつ地方へと流されました。
スポンサード リンク
<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 19話>  | HOME | <「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 17話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント