*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「暴君 光海君」 41話 あらすじ>

今回はほぼ戦場での物語ですが、戦場以外のシーンの音声の悪さが際立ちます!

相変わらず朝廷の重臣たちは朝鮮の大勝利を信じて疑っていないようですね。
「重臣たちを欺くことになるから都元帥への命令を明かしたらいかがですか?」。
こう進言したキム・ゲシ尚宮に「政治に口を出すな!」と光海君が激怒しました。

後金に話をしに向かった3人のうち、明の将軍が逃げ帰ってきました。
朝鮮の通訳官ハ・ソグクとキム・オンチュンはそのまま後金陣営に行きましたが、
皇帝ヌルハチは彼らの話を聞かずに捕らえさせ、長男チュエン将軍に命じました。
「明の劉将軍を一旦勝たせてイイ気になって喜んでいる隙にボコボコにしろ♪」。

光海君11年3月4日、後金に大砲でドンドコ攻められた明の部隊はほぼ全滅。
劉将軍は死に、2万人が命を落とし、残ったのは500人ほどだったそうです。
後続の朝鮮軍も大打撃を受け、左営キム・ウンハをはじめ6千人が亡くなり、
イ・ゲジョン、キム・ヨギョン、キム・ジャリョンなどの勇将も散りました。
都元帥カン・ホンリプは退却を命じ、明の遊撃隊長喬一琦が逃げ込んできます。
そこへ「和親の議論をしたいから将軍をよこせ」と後金の使者が伝えました。
和親ならハ・ソグクを送ってくるはず・・・と不審に思ったカン・ホンリプは、
まずはパクという軍官を行かせてみて、次に副元帥キム・ギョンソを向かわせ、
「素性もわからない者に都元帥を会わせられません!」と言わせると、
その態度をチュエンが気に入ってくれたらしくお酒をふるまってくれました。

3月5日、都元帥カン・ホンリプがチュエンに会い、部下の救命をお願いします。
「兵は私の命令に従っただけなので、妻子の待つ国へ返してやってください」。
チュエンは朝鮮の武装解除を命じ、都元帥カン・ホンリプの旗を預かることに。
後金は朝鮮軍に紛れていた明の残党(喬一琦?)を引きずり出して斬りました。
3月6日、都元帥カン・ホンリプと副元帥キム・ギョンソの二人が老城へ。
誠心誠意礼を尽くせと皇帝ヌルハチに言われ、きちんとチョルをして挨拶します。
カン・ホンリプにはすでに家が用意されており、そのまま抑留されるのでした。
スポンサード リンク
<「暴君 光海君」 42話 あらすじ>  | HOME | <「インス大妃」 あらすじ 8話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント