*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」 あらすじ 8話>

医官が馬医に講義するのを手伝うことになったカン・ジニョン(ヨンダル)と
司僕寺の見習い馬医になったペク・クァンヒョンの距離がちぢまる今回です。

献上馬の件が評価されたクァンヒョンは、試験免除で司僕寺に入ったそうです。
王様に拝謁してベタ褒めされた!とちょっぴり話を盛って自慢していますが、
実はスッキ(淑徽)公主が捏造した王命(とご褒美の絹)をもらっただけでした。
新任の馬医長チャン・ドシクはヘナキャラ風ですが「オレは実力主義!」だとか。
そんな司僕寺の牧場で、ある日、落馬事故が起こり馬と奴婢が怪我をしました。
倒れた奴婢にジニョンが駆け寄り、テキパキと応急処置して恵民署へ運びます。
(止血剤になるということで、鍼筒のストラップの先の琥珀を石で擦ってました)
クァンヒョンが患者を心配して恵民署へ行くと、ジニョンにこう責められました。
「真っ先に馬を気にしたわよね?彼が奴婢だから?エライ人なら違ってたはず!」

牧場では、生まれたばかりの子羊が死に、もうすぐ母羊も力尽きてしまいそう。
クァンヒョンは母羊を亡くした子羊を連れてくることで、母羊に気力を与えます。
自分も父が死んだときに母馬に助けられた・・・と経験をジニョンに語りました。
その後、鍼筒を拾ったので彼女を追いかけると、両班男子と町でイチャイチャ中。
相手の男子は、久しぶりに都へ戻ったソンハ(イ・ミョンファンの息子)でした。

倒れたヒョスク大妃(仁宣王后)を治療する老首医(スイ)の腕が衰えているので
左議政チョン・ソンジョはイ・ミョンファンを次の責任者に据えるつもりです。
恵民署の提調コ・ジュマンのことは「あんなわけのわからんヤツはダメ!」とか。
可愛いスッキ公主は猫タリを温めて発熱を装い、クァンヒョンに診察させました。
チュ・ギベとチャボンは、都で馬房(マバン=馬の診療所)を開業(資金は絹)。
身分の高きも低きも行列をなす武橋湯飯(ムギョタンバン)へ3人で出かけます。
料理人はオ・ジャンバク!クァンヨンは彼にヨンダル探しを依頼していました。
一方、美人女将チュ・イノク(離縁経験アリ)はジニョンと仲良しの間柄です。

利川(イチョン)で牛疫(うよく?)が発生し、人間にも発疹症状が現れました。
クァンヒョンいわく「去年は10万頭死んだ」そうですが、すごい飼育数ですよね?
スポンサード リンク
<司僕寺(サボクシ)ってどんな機関? 「馬医」 あらすじ 補足>  | HOME | < 『馬経大典』? 「馬医」 あらすじ 7話 補足>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント