*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「馬医」 あらすじ 39話>

面腫の手術を終えた世子(後の粛宗)の出血が止まらず、止血剤も効きません。
すると医官ペク・クァンヒョンが「鍼で止血する!」と言い出して一同びっくり。
しかし首医女チャン・インジュは「サアム先生の小腸正格を習得したのね!」。
それはとっても難しい鍼法だそうですがクァンヒョンは3年で習得したとかで
腕の痛みをこらえながら4つのツボに鍼を打って止血に成功した後、気絶。
いろいろあって自信をなくしているユン・テジュはクァンヒョンを治療できず、
かわりに医女カン・ジニョンが手術しちゃいましたよ~。すごいですね。

風見鶏なクォン・ソクチョルは、出世のためにクァンヒョンにすり寄ろうと必死。
医女ソ・ガヨンにやさしくして「は?私のこと好きなの?」と不思議がられます。

怪しい男チェ・ヒョンウクは、サアム道人に10年仕えて破門にされた元弟子。
クァンヒョンの医術や処方を見て「なかなかやるな」と思っているようです。
先日の遺体は「サアムが会いに来るように挨拶代わりにわざと流した」そうで、
サアムをひざまずかせるために日本から戻ってきた!とサアムに宣戦布告します。
首医イ・ミョンファンは未知の医術を持つヒョンウクと手を組むことにしました。

世子の後遺症をふせぐために、クァンヒョンは「蛇苺湯」での沐浴を採用します。
高濃度の「塩湯」を使った消毒を自分の腕の傷口で試してから取り入れますが、
走黄(敗血症)の前触れである煩熱(ポンニョル=息苦しさを伴う高熱)が発症。
復活を狙うミョンファンは“市井の医員”を大妃(仁宣王后)に推薦しました。

こうして市井の医員チェ・ヒョンウクが世子の治療をするために宮殿に入った頃、
クァンヒョンは千金漏蘆湯を世子用にアレンジする処方を思いついていました。
千金漏蘆湯は有効ですが毒性がある「蟾酥(せんそ)」を使う必要があります。
そのため幼い世子には処方しなかったのですが、「灰」で代用できそうなのです!
スポンサード リンク
<「馬医」 あらすじ 40話>  | HOME | <「馬医」 あらすじ 38話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント