*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 12話>

第12話「新王妃誕生」

ムブル和尚の山寺へウナが祈願に訪れます。
ウォンピョがウナを監視する不審者を見つけて追い払いました。
キム・ジェナム(ウナ父)は不審な男が落とした眼帯を手がかりに
犯人を捜せとヤン主簿に命じます。ところがその不審者はヤンが雇った男。
姿を見せて脅かせばキムが警護を頼んでくるだろうと踏んでいたのです。
ヤン主簿はハサムに命じてその男を始末させちゃいました。

ケシはイ・イチョムと連絡を取り合い、
次の王妃はどの党派にも属さない家門から選ばれることを教えます。
(ケシとソンジョ(宣祖)が一夜限りの関係だったことがこの回で判明♪)

カン氏(ケシの母)は再度ケシに手紙を出しました。
「母は元気です、今でも無実の父を殺された恨みを忘れられません」という手紙に
ウナからの返事は「今後一切手紙は送るな」というものでした。
ケシの母は悲しみますが、聡明なケシを信じろとヤン主簿は諭します。

キム・ジェナムの娘ウナが新王妃に決定しました!
皇太子妃は28歳、新王妃は19歳。息子より若い母親ができることになります。
新王妃に次の王子ができれば皇太子の座が危ないとケシは気をもみます。
“王妃の父”となったキム・ジェナムのもとには早速大臣達が集まりはじめ
キム・ジェナムによる新王妃派(=生むかもしれない王子派)と、
イ・イチョムによる皇太子派が結成されつつあるようです。

若い王妃のことを気遣う王ソンジョ(宣祖)は、
側室インビン(仁嬪)に「よろしく頼む」と残酷なお願い♪をします。
インビンは、長年自分に仕えてきたオム尚宮を新王妃の担当へと変更。
オム尚宮は泣いて別れを惜しむのでした。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 13話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 11話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント