*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 42話>

第42話「ウォンピョ追放」

大妃を幽閉するような王に失望した領議政キ・ジャホンらは辞任したがり
“イ・イチョムはまるで領議政のようだ”と評しています。
そこへ当のイチョムが、大妃(仁穆王后)母からウォンピョが預かった手紙を持参し、
“身体を大切にして将来に期せよ”という文面を問題視して騒ぎ立てるのでした。
『癸丑(ケチュク)日記』には大妃を虐げるキム尚宮(ケシ)のようすが描かれており、
それによるとケシはわらに火をつけて何度も放火を試みたり、
厄払いと称して銃声を鳴らしたり、大妃殿の女官に罰を加えたりしたそうです。

ウォンピョが内侍でしかも大妃に協力する行動をとったと知ったケシに、
イ・イチョムがウォンピョを内侍にした経緯や以前ケシを助けたことを教えます。
ウォンピョの件がクァンヘ君(光海君)に知られることを恐れるケシは、
死んでもかまわないから罰を与えて追い出してください!とかなり冷酷。
ウォンピョを側近にしては?というイチョムの提案に従いウォンピョに声をかけるも、
ケシに失望していたウォンピョは断り、厳しい罰を与えられます。
ケシは昔を思い出して酒をかっくらい、法句経の言葉を涙でかみしめるのでした。
その後、ぼろぼろの体になって道に捨てられたウォンピョは、
イチョム批判の檄文を貼っていたパク・チウイ(&ホ・ギュン)に拾われます。

北方情勢に備えて大砲を鋳造したいクァンヘ君でしたが、財政難がはばみます。
気が滅入ったクァンヘ君がケシを呼ぶと財政難も何とかしてくれそうで大安心です。
そんなある日、チョ・ジクという24歳の儒生が大妃の惨状をクァンヘ君に直訴。
ホ・ギュンはクァンヘ君が怒りまくってチョ・ジクを投獄するのを横目で見つつ、
大砲鋳造のことをまだ知らないイ・イチョムに世間話ついでのように教え、
大砲なんて初耳のイチョムは自分が王の信頼を失ったのかと疑心暗鬼になります。

ソ・ミョングクという男がイ・イチョムに謀反の密告にやってきました。
チョンウォン君(定遠君・仁嬪息子)の妻のいとこで元郡守のシン・ギョンヒが
ユン・ギル、ヤン・シジン、キム・ジョンイク、ヤン・シウ、ユン・ギ、チョン・ギョンセと、
ヌンチャン君(綾昌君・仁嬪孫)を王に擁立する謀反を企てています!
という内容に驚きつつも、王に自分の力を見せつける機会だと張り切るイチョム。
顔に投石を受けながらも宮殿へ急ぎ、意気揚々と謀反を告発します。
謀反人は処罰してもヌンチャン君の名は出すな!と指示するクァンヘ君でした。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 43話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 41話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント