*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 3話>

第3話「出会った二人」

カン氏(ケトン母)は、殺される前に夫の墓に連れて行ってくれ、
娘ケトンのことをファン進士には言わないでくれとハサムたちに頼みます。
根は悪いヤツじゃないらしいハサムたち、この願いに心を動かされました。
ところがケトン母は、夫の墓の前で自決しようとし、
それを見たハサムはケトン母を逃がしてやるのです。
こうしてせっかく山寺へ戻ってきたケトン母を
ムブル和尚はケトンの運命を変えるために離れていろと追い返しました。
ケトン母は再びハサムたちのもとへ戻り、下働きをさせてくれと頼み、
「兄さん!」と呼ぶのでした。

ウナと母親が、父の科挙合格祈願のために山寺にやってきました。
綺麗な服を着た同じ年頃の少女を見たケトンの心は、ちょっぴりフクザツ。
ウナにタメ口を叱られたのを根に持ったケトンは、川に突き落としちゃいます。

宮廷では、イ.ウォニク(梧里大監)が
真面目な皇太子クァンヘ君(光海君)を支え、
兄のイムヘ君(臨海君)は酒を飲んでくだを巻いています。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 4話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 2話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント