*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 5話>

第5話「怒りの矛先」

覆面男イ・ハンミンはキム・ゴンニャン(側室ヤンファダン兄)に刀をつきつけ、
信城君支持者の名簿(血まみれ)を残して行きました。ヤンファダンはすぐに処分し、
残る敵は臨海君を推すチョン・チョル(左相)だと決意を新たにします。

ミン淑儀(のちの静嬪ミン氏)とハン昭容(のちの温嬪ハン氏)は、
ヤンファダンが嫌いなので臨海君を擁護しましょう!と王妃(懿仁王后)に訴え、
そこへ飲んだくれメン・ジチョンに助言された光海君も合流して宣祖に直訴します。
謀反なら表だって兵を集めるはずがありません!誰かの策略です!とハン昭容。
ああ、ハン昭容ったら、もと「女人天下」シムトゥンのくせにやるじゃな~い!

王になれるかわからないと弱音を吐く臨海君に、それでも忠誠を誓うイ・ハンミン。
そんなとき、臨海君の二人の手下、チョ隊長とチュビンの釈放のしらせが届きます。
宣祖と王妃に礼を言えという光海君の言葉をはねつけていた臨海君も
祖父の自分への想いを聞かされ、光海君の言葉を受け入れることにしました。

忠清道では、チョ・ホンという男が倭国襲来にそなえて民に戦いを教えていました。
あいつが俺の道連れだ・・・とキム・ヒチョル(臨海君らの祖父)は思っています。

朝廷では再び世子決定が論じられ、チョン・チョルが宣祖に上奏することに。
ちなみに、キム・ソンイル(承旨)やイ・ウォニク(官曹判書)やイ・サネ(領議政)は
民を動揺させないよう倭国襲来のきざしを公にしないという考えのようです。
ある日イ・サネが、ヤンファダンと信城君の命が危ない!とゴンニャンの前で慟哭。
イ・サネの計略を横目に泰然自若なチョン・チョルを弟子クォン・ピルが心配します。

ここで宣祖とヤンファダンのなれそめが明らかになりました!
20年前、女官だったヤンファダンが松の花粉を取ろうと枝に手を伸ばしたとき
袖口からのぞいた白い肌が宣祖の目にとまったのがきっかけだとか♪

少女ソンイが、高価な金のカエルを持ち出して占い師のもとへ。
「解語花」には遊女の意味もあるため、私は遊女になる運命なのかと問い詰めます。
占い師はそれを認め、男次第で運命は変わるから人相学を学ばないか?と勧誘。
イ・ハンミンはパルボクと名乗り、臨海君宅近くの食堂の下男として働き始めました。

宮中で臨海君と光海君をみかけた信城君は、おもわず尚宮の後ろに隠れました。
挨拶もしない異母弟を臨海君がムチで打ち、思わず信城君をかばったケトン。
息子を守ったケトンをヤンファダンは誉め、何かあれば訪ねて来いと言いました。
その夜、ヤンファダンと傷だらけの信城君は、訪れた宣祖を席藁待罪で迎えます。
スポンサード リンク
<「王の女」あらすじ 6話>  | HOME | <「王の女」あらすじ 4話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント