*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 60話>

なぜ母上の志を無駄にするのですか?今や民も王を恐れています!と
意を決して忠言した内侍府長キム・チョソンに、燕山君はウギャーッとお怒り。
すぐに捕らえて拷問を与えた後、宮殿から追い出しました。
内侍府長は一番の忠臣ですよ!とインス大王大妃は燕山君を責め、
思ったより時が早くきたようだ・・・とチョ・チギョムは軍を集結します。

疲れた燕山君が斉安大君(成宗のいとこ→詳しくはここ参照)の家へ行くと、
そこには美人の召使として名高いチャン・ノクスがいました。
ちょっとオバっぽいですが(子持ちだし)才気あふれる彼女をお気に召した王は
朝廷の臣下の娘を側室にせずチャン・ノクスを入宮させて淑媛に。
召使を側室にですと?とインス大王大妃はもちろん激怒して孫とやり合います。

どうでもいいですが、内子院で療養中のチョソンはケヒャンといい雰囲気に♪
そこへチギョムが訪ねてきて、私に別の企み(=謀反)を生じさせないように
どのような罰を受けようとも殿下の意を改めさせよと言います。

燕山君から内侍府長への復帰を請われたチギョムはそれを断り、チョソンを推薦。
チョソンにあんなことをして本当は後悔しているでしょう?と燕山君の本心を指摘し、
王の寵愛を笠に着た内侍(キム・ジャウォン)が横暴を振るっていると指摘し、
反対する朝廷をまとめてインス大王大妃が燕山君を世子にした経緯を教えました。
大王大妃には、身分の低い女を側室にしたのは後宮の争いを防ぐためと話します。
チギョムの言葉が胸に響いた燕山君が和解しようと大王大妃殿へ行くと、
晋城大君(後の中宗)・安陽君・鳳安君と談笑中。またムカッときて喧嘩です。

“王子を守る”というソファとの約束を思い出したチョソンは、
内侍府長への復職の辞令を受けることに。戻ってきたチョソンに燕山君が詫びます。

宮殿には国中から妓生が集められ、風紀が乱れまくりでした。
宴に乗り込んで文句を言う大王大妃と燕山君との対立は深まるばかり。
晋城大君のことだけは守る・・・と寝込みながらも誓う大王大妃でした。

もしかして謀反なんて企んでないよね?ね?ね?と何度も確認しに来る
ユ・ジャグァン(武霊君=ムリョングン)にシラを切るチギョムでしたが、
ある夜、ヤン尚薬(今は尚膳)と酒を酌み交わしてしみじみと語ると、
(二人は内侍として7代の王に仕えてきたそうです!長い!)
蜂起する決心を匂わせ、自分が亡き後のチョソンのことを頼みました。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 61話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 59話>



>燕山君はウギャーッとお怒り

・・確かにここは「お前は幼児かっ!」みたいな怒り方でしたね。
うめ子さまの文書に笑ってしまいました^^

>内侍府長は一番の忠臣ですよ!とインス大王大妃は燕山君を責め

ソファ在位中とは隔世の感がありますね・・・
あの頃はソファの情人だとか言われてインス大妃とは不和(というかマーク
されていたというか)だったのに。

やはりチョソン忠誠物語なんだなあと思いました。
優等生過ぎて文句もつけたけど(笑)、貫徹してくれるラストらへんは
チョソンに感服してみています。

>晋城大君(後の中宗)・安陽君・鳳安君と談笑中。またムカッときて喧嘩

マザコンと団欒からはずされる僻みがすごいんですよね、燕山君さま。
マザコンと根は同一かな。

「実録」だと、史実はわかりませんが、インス大妃があからさまに燕山君
に強く当たり、普城大君を王位につかせたい気持ちも見せたので冷戦は
すごかったとありました。「王と妃」もそれに忠実に作ってあったような♪

>謀反なんて企んでないよね?ね?ね?と何度も確認しに来る

ここもなんだか文章が笑えます^^
シリアスだけどそんな感じでしたね。

>二人は内侍として7代の王に仕えてきたそうです!長い!

端宗、世祖、イエジョン、成宗、燕山君までは把握してましたが、そうすると
文宗、世宗時代からですかっ!すごい!!

史実のキムチョソンも確か8人の王に仕えたと聞きましたが、文宗、イエジョン
あたりが短命なのもありそうですねー・・あ、端宗もか!
[ 2009/09/23 11:12 ] [ 編集 ]
先週末に放送された第60話を見ています。
この頃、ジャウォンの顔がよく出てくるし、燕山君はまさにウギャ====なので
ちょっと引き気味です。

しかも、、、張緑水、斉安大君の台詞で「気の利く娘です」といってますが、
どう見ても娘には見えへんぞ??
ちっともきれいじゃないし・・・。子持ちなんでしょ?

インス大妃もよく出てきますが、あの後ろのかんざし、重たそうですよね~~ヾ(^-^*)
あの髪のセットの仕方を初めから見てみたいです。
ご存知でしたら教えてくださいませ~~。
[ 2009/10/22 21:31 ] [ 編集 ]
「王の男」を先に見ちゃってるので、こちらのノクスは凄みに欠けるというか妖艶な感じじゃないですね。実際はどうだったんでしょうね。

燕山君の喋り方、抑揚が気になって、ナマッテるように聞こえたり、いえ、ハングルは解しないのですが、何か、他の人の違って感じるのは私だけでしょうか?もしかして大根だから?何だかよく分からないのですが、面白いというか・・。

家族団欒シーンでの、安陽君、鳳安君は、横にいたあの貴人二人がそれぞれ生んだのですか?どなたか教えて下さいませ~。

ね?ね?ね?のくだり、黄梅さまと同じです。おかしくっておかしくって一人で笑ってます。

うめ子さま、サイコーですわ。韓国時代劇あらすじ界の女王様です~~。笑。
[ 2009/10/22 22:58 ] [ 編集 ]
>やまこさん
はじめましてでしたっけ?よろしくお願いします。

>インス大妃もよく出てきますが、あの後ろのかんざし、重たそうですよね~~ヾ(^-^*)
私はあのかんざし、チョンヒ大妃がつけてたのを見て重たそうだなぁと思いました。
韓国の放送をリアルタイムで見てた時、言葉が分からない分、
毎回そっちばかりが気になってましたね~…(^_^;A
51話でチョンヒ大妃が退場して、
しばらくあのデカイかんざしを見なくなってホッとしたのもつかの間、
今度はインス大妃がつけてるではありませんか!
それからというものやっぱりまた、あのデカイかんざしばかりを気にしてました。
「重たそうだなぁ…」
と。。。f^_^;
[ 2009/10/22 23:34 ] [ 編集 ]
私も「王の男」を先に見ました~~。
でも、記憶によると、あの芸人の美形の方の顔と、燕山君のイッちゃってる顔のほうが
印象が強く、チャン・ノクスのことがあんまり残っておりません( ゜□゜)

安陽君、鳳安君はチョン貴人の子どもでしたっけね、うめ子さま。。。


うめ子さまは今韓国なんですねえ、私も側室の部屋って見てみたいです!
チョン・インファさんの話しも面白いし、本当にうめ子さまの文章には感服です~~~。
見習わないと。。。

かんざしは位が上になればなるほど大きく、重くなるとお見受けしました。
年配になるとつらいでしょうに・・・。
それと、頭頂部につけるちょうちょ?(のカチェ?)は正室だけがつけられるのでしょうか?
以前から気になっております。

[ 2009/10/23 21:09 ] [ 編集 ]
こちらこそ、よろしくお願いします~~。

>それからというものやっぱりまた、あのデカイかんざしばかりを気にしてました。

あれ、龍なのか、すごく凝った造りですよねー、お顔よりもそっちに
気をとられますよ、わかります!

重いだろう、という点では日本の花魁のかんざしが今浮かびました・・・ヾ(^-^;)
[ 2009/10/23 21:16 ] [ 編集 ]
>やまこさん
>頭頂部につけるちょうちょ?(のカチェ?)は正室だけがつけられるのでしょうか?
スカパーのLaLaTVでやった「王と私」特集番組で、
ちょうど女性のカチェについてもやったんです。
そこでその蝶の飾りのことも言っていました。
実際、正室と側室が付けていたそうです。
でも付け方が正室と側室とでは違っていて、
正室は正確につけて、側室は上下逆に付けていたとか。
「女人天下」ではそうなってますね♪
その特集番組を見てから「女人天下」で意識して見てたらそうなってました♪
[ 2009/10/23 23:59 ] [ 編集 ]
>うめ子さま、アヤさま、やまこさま

>安陽君、鳳安君は、横にいたあの貴人二人がそれぞれ生んだのですか?

確か二人の王子はチョン貴人の息子です。
あの配置からして、最初、片方はオム貴人の息子かとも思ったのですが、
「朝鮮王朝実録」でも中国ウィキでもそうなってました^^

オム貴人には息子がいたと読んだような記憶がありますが定かではあり
ません。中途半端ですみません(汗)

>ね?ね?ね?のくだり、黄梅さまと同じです。
>韓国時代劇あらすじ界の女王様です~~。笑。

私も同感です^^面白い!!

>かんざしは位が上になればなるほど大きく、重くなるとお見受けしました。
>年配になるとつらいでしょうに・・・

やまこさま、はじめまして。横から失礼します^^

70代などご老人になれば軽そうなものをつける姿が見られますが、髪の毛
がまた黒くてらっしゃるうちはドンドン重くなる印象ですね。

龍の簪は王妃、大妃、大王大妃だけだそうでかっこいいですね♪
アクセサリーの図録を持っているのですが、実寸大で見るとかなりゴツイ!
と思いました。
[ 2009/10/24 19:16 ] [ 編集 ]
いや~~燕山君、凄かったですね。大王大妃自身が言ってたように、やはりこの人のソファの処遇が一番の原因かなと思いましたが、皆さんはどうご覧になっているのでしょうか。

でも、人の言うことを聞かないところは、大王大妃の血が濃いからじゃないかなーと思うのですが・・。

二人の王子はチョン貴人所生でしたね。黄梅さま、有難うございます~。それにしても王子はよく出てくるのに、公主(翁主)は出てきませんね。可愛い童女姿のお姫様も見たいのに~。

やまこさま、「王と私」の後に「王の男」を見たら、背景が分かって楽しめそうですよね。あの、王の相手の美形の芸人(薔薇族ですね)役だったイ・ジュンギってとても人気があるそうですね。


[ 2009/10/25 21:21 ] [ 編集 ]
>黄梅さま

> うめ子さまの文書に笑ってしまいました^^

なんか、ここ、皆様にウケていただいているみたいで、
喜んでいいやら・・・そんなツボだった???と戸惑ってます。


> あの頃はソファの情人だとか言われてインス大妃とは不和(というかマーク
> されていたというか)だったのに。

そうなんです!インス大妃いつの間にチョソン支持に?って感じでした。


> 「実録」だと、史実はわかりませんが、インス大妃があからさまに燕山君
> に強く当たり、普城大君を王位につかせたい気持ちも見せたので冷戦は
> すごかったとありました。「王と妃」もそれに忠実に作ってあったような♪

「追い出した嫁の子だから可愛いわけがない」的な文章まであって
実録のわかりやすさには驚きました。すごく読みやすいですよね。


> >謀反なんて企んでないよね?ね?ね?と何度も確認しに来る
>
> ここもなんだか文章が笑えます^^
> シリアスだけどそんな感じでしたね。

武霊君を演じているのが女人天下の華川君をされた方なので
どうしてもあのときのキャラがかぶってしまって・・・・
史実ではけっこうな活躍をされた重臣らしいのですが
私にはどうしても鋭い人に見えないってのも一因かもしれません。


> 端宗、世祖、イエジョン、成宗、燕山君までは把握してましたが、そうすると
> 文宗、世宗時代からですかっ!すごい!!

ほんと、長いですよねーーー!
王権が短命だったことを物語ってますよね・・・


>やまこさま

またまた遊びにいらしてくださってありがとうございます♪

> どう見ても娘には見えへんぞ??

たしかに!娘というよりは娘とオバの中間というか。。。
とにかくビミョ~な雰囲気でしたよね。
まあそのあたりの女性ならではの美味しさがあるのかもしれませんが♪

かんざしは美しさもさることながら、重さも気になりますよね。
「正祖(イサン)」あたりはあのカツラがなくなっていて、
(重いことによる弊害が大きく禁止されたそうですが)
華やかさが減ってちょっぴりさびしいです。

あと、ウギャーのくだりに共感していただいてありがとうございます。
過分にお褒めいただいて恐縮です。
至らぬ記事も多々あるかと思いますが今後ともよろしく!でございます♪
[ 2009/10/28 00:36 ] [ 編集 ]
>アヤさま

燕山君、訛ってますか?私はあまり気付かなかったのですが・・・
「女人天下」の世子役で馴染んでいたからでしょうかね?


> 韓国時代劇あらすじ界の女王様です~~。笑。

そんな・・・すごくお褒めくださって恥ずかしすぎです。
でもせっかく女王と認めていただけるなら
文定王后くらいにわがまま放題好き勝手したいな~
ってことで、文定王后でよろしくお願いします(←ずーずーしすぎ)


> でも、人の言うことを聞かないところは、大王大妃の血が濃いからじゃないかなーと思うのですが・・。

まさしく!!同感です!
二人とも強情すぎますよねー
あのドラマを見るかぎりソファよりも大王大妃の遺伝が強そうでした。


>かよさま

> スカパーのLaLaTVでやった「王と私」特集番組で、
> ちょうど女性のカチェについてもやったんです。

ふだんDVDで鑑賞派の私ですが、
その特集はよさそうですね!見たかったな~
韓国歴史ドラマ見てると
当時の服装や暮らしについて色々知りたくなっちゃいますね。
[ 2009/10/28 00:37 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント