*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 5話>

王妃(仁敬王后)が生んだ女児はすぐに亡くなってしまいました。
大妃(明聖王后)とキム・ソクジュ兵判(大妃従兄)は悔しがり、
最近オクチョンが叔父から取り寄せた名薬を煎じているらしいと噂し、
あの女に先に元子を生まれたらどうしようと不安がります。
粛宗は王妃をなぐさめるために中宮殿へおわたりすると決めます。

私の財産は体だけ、早く元子を生まねば!と焦るオクチョン。
自分を変えたのはサンオプ(女官)の死だったとチョン尚宮に打ち明け、
やさしい殿下はお茶を飲みに寄ってくださるはず・・・と入浴します。
予想通り粛宗は訪れてくれましたが、風呂場の笑い声を聞いて激怒。
そこへ大王大妃(荘烈王后)が来て、オクチョンが王妃を心配していたと話し、
チョン尚宮はくすぐったがるオクチョンを洗ったと弁解して事なきを得ました。
粛宗がオクチョンの部屋に泊まることになったと知り、王妃は悔しさを隠せません。

チャン・ヒョン(オクチョン叔父)はホ・ギョンと遊び歩くヒジェを叱り飛ばし、
時が来るまでおとなしくしていろ!と言い聞かせました。
王妃父キム・マンギとキム・ソクジュは南人派とチャン・ヒョンの結びつきを警戒。
流刑された西人派の領袖ソン・シヨルのことを思い浮かべています。
そんなとき、南人派の領袖ホ・ジョクの家で事件が起こりつつありました。
ホ・ギョン(ホ・ジョクの庶子)が招待客(ソ通訳官の妻)に一目ぼれして、
騙して連れ出してしまったのです。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 6話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 4話>



ここらへん、本当に早くて、女児の死にはあんぐりしてしまいました。不憫すぎる…。

オクチョンの「体だけが資本」てリアルだなー、とびっくりしました。キーセンものでも出てきそうなセリフ…。
[ 2010/04/15 15:45 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは♪

仁敬王后は二度も不幸な出産でお気の毒でした。
粛宗はほんとに嫡子運には恵まれませんでしたね。
(庶子にも恵まれたとは言いがたいけど一応できましたから)


> オクチョンの「体だけが資本」てリアルだなー、とびっくりしました。キーセンものでも出てきそうなセリフ…。

体だけが資本っぽいことを示すうっふん描写がなかったのが残念(爆)
でも体だけと理解しているのに6年待って「しおれた花」になったら
焦るだろうなあと思います。
[ 2010/05/04 23:55 ] [ 編集 ]
こんばんは!

もちろんもろにそのシーンとはいかずとも、あまりおわたりの夜のシーン(女人天下や王と私やキムヘス版etc.にあるベッドイン前の食事シーンとか)が少なかった印象があります。

仁敬王后も、うめ子さまの仰るように同衾していたのかもわからないのに二度懐妊しましたし。

それからキーセンでヒジェ妾(のちに妻)のスクチョン、出てこないかな~…と思いながら見ていました。
[ 2010/05/06 22:27 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~!

はい、このドラマの主題からして、
アッハ~ンシーンはもっとほしかったですね(断言)
仁顕王后との初夜の子守唄シーンはしっかり描かれていましたが。
昼間の放映だったのでしょうか?(爆)

もと妓生のスクチョンは後のほうでちらちら出てきますね。
オクチョンへの連絡役なだけで、重要な動きはしませんが。
[ 2010/06/09 21:40 ] [ 編集 ]
こんにちは

トンイとキム・テヒのチャン・オクチョンを見たので、妖婦~はオクチョンの3作目になりますが、それでも登場人物の関係が良く分からない箇所が多々ありました。でもこのあらすじを読んで整理でき、ほんと助かりました。

キムテヒ版にも仁敬王后が出てましたが陰が薄く、こっちの方が存在感があって魅力的です。

これからも宜しくです。
[ 2016/09/11 04:19 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント