*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 123話>

敬嬪が死んじゃう123話ですよ!!
国と敬嬪のどっちをとるのかと王妃(文定王后)に詰め寄られ、世子にも迫られ、
それでも決断しない中宗に関係者全員が一丸で席藁待罪(ソッコデジェ)攻撃。
大妃(貞顕王后)は吐血してしまいますが、命をかけて座り込みを続けます。
この件は後で決めると中宗は約束し(またかいっ)、席藁待罪を中断させました。

さて尚州の敬嬪のほうはというと、千日酒をもらってかなりポジティブモード。
福城君に至っては、敬嬪が宮殿に戻るときのお衣装を夫人に縫わせてます。

チャン・デインが流刑地のキム・アンロ(希楽堂大監)を訪ねて10万両を献上。
こんなはした金じゃなく置簿冊を持ってこい!筆者本は?と怒鳴られたので、
置簿冊は燃やされたし筆者本があればここへ来ず敬嬪を助けていたと答えます。
チャン・デインと希楽堂が結託したと商人ペクから教えられてもナンジョンは、
希楽堂大監から仕返しされるだろうが策はある・・・となぜか自信たっぷり。
ありったけの金を夫のユン・ウォンヒョンに渡せとエラそうにペクに言いました。
お面と木の札が吊るされた二度目の事件(假作人頭)の黒幕も見抜いています。

物騒な事件から世子を守るため希楽堂を召還してくれと判府事ユン・イムが直訴。
その事件の問招(すなわち拷問)は敬嬪の娘(翁主)の婿二人に及んでいました。
シム・ジョン(華川君)が厳しくした甲斐あって、無実の光川尉と唐城尉が自白。
次女・惠静翁主の夫・唐城尉ホン・ヨが死んじゃったほど過酷な取調べでした。
そして灼鼠之変と假作人頭之変で疲れ果てた中宗が、とうとう敬嬪の賜死を決意。
いつもは流されやすい中宗なのに敬嬪処分の請願は19回も拒み続けたそうです。
処分の王命に納得する大妃、単純なので喜ぶヒ嬪、深く考え込むようすの昌嬪。
ついに敬嬪が・・・と感慨深い王妃がいる中宮殿に希楽堂の高笑いが響くのでした。

都からの使いを、宮殿へ呼び戻されるものと思った敬嬪が喜んで迎えました。
でもそれは賜死の御命でした。敬嬪最後の「メヤ!?」です。
「メヤ!?サヤ(賜薬)!?」と韻を踏んでいたのも憎い演出でしたね。
殿下が私を殺せと命令するわけがない!嘘の御命だ!と部屋の中に逃げ込む敬嬪。
役人に引きずり出されて賜薬を与えられても、はねつけて口を閉じて拒みます。
さすが敬嬪!!抵抗しまくった末に口をこじ開けられて賜薬を流し込まれました。
甕からドバドバと附子湯をかけられムシロの上で息絶える寸前の敬嬪の脳裏に、
ナンジョンのカンに触る高笑いと王妃の高笑い(珍しい)が聞こえてきて、
中宗と初めて会った日、愛し合った日、権勢を誇った日、王妃と戦った日などが
わびしい音楽をBGMにしながら走馬灯のようにかけめぐるのでした・・・(涙)
この回はいつものナンジョンの顔アップを奪い、臨終した敬嬪のお顔で終了です。

この123話の最後の10分間を、私は何度繰り返して見たことでしょうか・・・。
「賜薬か?賜薬か?赦免か?赦免か?」と役人に問いかけるシーンなんて
緊迫感あふれていて悲しげでとてもよいです。(メイクも美しくキマってました!)
個人的には最終回よりもこの123話の最後10分間の敬嬪の最期ほうが好き♪です。
そして敬嬪に(というかト・ジウォンさんに)心からお礼とねぎらいを伝えたい!
この方がいなければこのドラマの面白さが半減していたかもしれませんもの。
ダブル主役(王妃と敬嬪)のうちの一人がいなくなって本当にさびしいです。
(私の中ではナンジョンはすっかり脇役扱いですが、間違っていませんよね?)

あ、どーでもいいのですが、脇役ストーリーも一応ご紹介しておきましょう。
山寺の部屋の戸に釘を打ち付けて科挙の勉強に励んでいたイム・ペクリョンは
訪ねてきたメヒャンを冷たく追い払います。涙を流すメヒャンもかわいいです♪
寺には留守のタンチュ僧侶を訪ねてきた謎の老僧(演技下手め)が居ついており、
なんと心の狭い男だ・・・とイムのことを思いながらそのようすを見ています。
メヒャンに助言を求められた老僧は「合格させたいなら別れろ」と告げました。
スポンサード リンク
<女人天下なオンナになるポイント その1>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 122話>



今日、ヤフー動画で、敬嬪の最後を見ました。

実に、お見事。
「賜薬か?×4」 惹きつけられましたね。

それにしても、オム尚君の
「中宗マ~マ、敬嬪、ドゥロッサウムニダ~。」
が、もう聞けないのが、寂しい‥。



[ 2009/01/22 22:45 ] [ 編集 ]
チュミさん、いらっしゃいませ♪
(「チュミさん」を「チュリさん」と打ちかけてしまう、
 女人天下に染まりきった私の指先をお許しください)


> 「賜薬か?×4」 惹きつけられましたね。

あのセリフ、とってもよかったですよね!
敬嬪のお顔も綺麗だったと思います。



> それにしても、オム尚君の
> 「中宗マ~マ、敬嬪、ドゥロッサウムニダ~。」
> が、もう聞けないのが、寂しい‥。

ううっ(涙・・・私も悲しいです。
敬嬪が来たときはことさら声を低くして
不承不承、不機嫌そうに言ってた風情が好きでした♪

Yahooの配信期間があるうちに
敬嬪賜死シーンをリピートしようと思います!
[ 2009/01/23 00:23 ] [ 編集 ]
 ありがとうござます。おかげで最期の10分間より集中して見ることができました。カラーからモノクロになる粋な!?演出で敬嬪賜死。。。
それにしても中殿様は「お前が悪いのだ...」と自ら言い聞かせるように笑っているのに対しナンジョンさんは高笑いのみ!恐ろしいですな~
[ 2010/04/16 14:44 ] [ 編集 ]
ぐだぐだ(あまりちゃんと見られてない)ながらやっとここまでたどり着きました!キョンビンさまの最期…痺れました。泣いてしまうし…。

でも私が見たCS録画ではずっとカラーでした。なぜっ?!気になる(ToT)それに賜死シーンで私が見た中でかなり派手な方で、「王と私」のチョン貴人なみでびっくりの派手さでした。中国時代劇より派手な気がします。圧倒されました。トジォンさんの目の見開き演技も凄いし、死ぬ間際の走馬灯のシーンで「あーこのシーン懐かしい!血染めハンカチ燃やされ事件!」と感慨深かったです。
[ 2010/04/16 23:45 ] [ 編集 ]
サンテレビでも 金曜日 敬嬪サマの 最後でした。

皆様の 書き込みを読み 暫く 見てなかったのですが 2週間前から
録画し 一生懸命 見てたんですが・・・

肝心なところが ばっさり カットされてました・・・
ほんとに あっけなく お亡くなりになってしまいました・・・・・・・

>「賜薬か?賜薬か?赦免か?赦免か?」と問いかけるシーン
影も形もありませんでした・・・

カットするなら 違うとこきってほしかった・・・

暫く 立ち直れません・・・



[ 2010/04/17 21:09 ] [ 編集 ]
 涙無しでは見られない内容でした。
 キム・ヘスさんのチャンヒビンの最期も凄いと思いましたがト・ジウォンさんの敬嬪もなかなかです。
 ラストのモノクロがこれまた遺影みたいで泣かされました。
 毒薬を前に誰が飲むか!とばかりに払いのけるのに「おおっ、さすが敬嬪!」と思いましたがこんな事もあろうかとばかりにちゃんとたっぷりおかわり用意されていたのに苦笑。
 チャンヒビンみたいにその都度用意して下さいよ~そしたらもう少し生き延びられたのに。
 あ、でもよけいに王室軍団から反感を買ってしまいますか。
 それにしてもあの飲ませ方…絶対いくらか鼻から入って溺れてますよ。
 「王と私」のチョン貴人も同じようにカメの量を頭からぶっかけられてましたが無理やりに飲ませる演出の定番なのかしら。
 今ケーブルテレビでノーカット版が放映されてますが、50話の区切りの時にメイキングを放映されてました。
 その時敬嬪の最期の撮影シーンが放映されていたのですが、OKシーン?それともカットシーンなのかわかりませんが、スタッフが労うように肩をポンポン叩いてました。
 身を起こされたト・ジウォンさんはケホケホされながら「もう一度するの?」と笑っていたのに到ってアットホームな撮影現場だったのねと安心するやら。
 あと次の回で息子も賜死を賜って毒薬を飲みますけど親子揃って目を開けたまま息絶えるなんて最期まで親子を感じさせてもらいました。
 
[ 2010/04/21 19:08 ] [ 編集 ]
★甘酒さま

> カラーからモノクロになる粋な!?演出で敬嬪賜死。。。

そうそう!粋な(?)演出でしたね♪
何度も何度も見直したこの回が懐かしいですー


> ナンジョンさんは高笑いのみ!恐ろしいですな~

しかもカンにさわるわざとらしい高笑いでしたよね(爆)


★黄梅さま

放映媒体によってかなり違うのでしょうかね?
私、この前初めてYoutubeにアップされている女人天下を見たのですが
なんだか音楽が違う気がしたのです。気のせいかもしれないのですが・・・
最後の走馬灯シーンはよかったですよねー♪


★しばらく立ち直れないさららさま

もう立ち直れましたか??(笑)
「賜薬か?赦免か?」がカットされているなんて、
ひどい編集ですね~!!!
最終回と同じ位(私にとっては最終回以上)ポイント高い回なのだから
ノーカットで放映してほしいものですよね。


★えりこさま

そう!賜薬おかわり!!うまいことおっしゃいますね~
おかわりが用意されていましたよね。


> 50話の区切りの時にメイキングを放映

この映像をご覧になられたとはすごく羨ましいです!!
CSではそんなすばらしいサービスがあったのですね~
どこかで見れるところがあれば私もぜひ一度見てみたいです。
[ 2010/05/28 23:48 ] [ 編集 ]
今日BSで敬嬪様の最期を見ました。
あらかじめこちらで予習?していたにもかかわらず
涙が止まりません(T_T)
ナンジョンは以前からあまり好きではなかったのですが
賜薬後の高笑いのシーンは中殿様がとても憎たらしく見えました(;一_一)
そりゃぁいろいろありましたけれども…
敬嬪様はちゃんと「賜薬か?」は4回言ってましたよ。
BSも結構バッサリカットされてるようですけどここがカットされてなくてよかったです。

これから涙をぬぐって晩ごはんの支度をします(笑)
ちゃんと立ち直っておかないと
家族が帰ってきたら何事か驚かれるだろうな(汗)
[ 2010/06/30 17:06 ] [ 編集 ]
こんにちは、以前お邪魔した者です。

今日123回を観ましたが、
ラストでは涙が出ました。敬嬪マーマー…。

「賜薬」と知ったときのキョンビンのわなわな顔、
来るぞ来るぞきっと聞き納めの「メヤ!?」が来るぞーと思ったら、
予想どおり、というよりそれを超えた特大の「メヤ~!?」だったので、
思わず笑ってしまったのと同時に、なんだか悲しくなりました。

ラストが生前のキョンビンの不敵な笑みで、
それもとっても良かったです!

ああ、明日から何を楽しみに「女人」を観ればよいのやら・・・。

それでは、お邪魔いたしました。
[ 2010/06/30 20:59 ] [ 編集 ]
★すうちゃんさま

敬嬪が死ぬシーンは泣けますよね・・・

> 敬嬪様はちゃんと「賜薬か?」は4回言ってましたよ。
> BSも結構バッサリカットされてるようですけどここがカットされてなくてよかったです。

「賜薬か?」シーンがカットされていなくてよかったです!
あのシーン、いいですよね~(涙)
私は古いバージョンを視聴しましたが、古臭い音楽も合っていて泣けてきました。


> これから涙をぬぐって晩ごはんの支度をします(笑)
> ちゃんと立ち直っておかないと
> 家族が帰ってきたら何事か驚かれるだろうな(汗)

キルサンの死といい敬嬪の死といい、
すうちゃんさまは泣きどおしで大変でしたね。
立ち直られた後は今度は冷静に123話を楽しまれてくださいませ。


★パースニップさま

123話は何度も繰り返して視聴しているお気に入りの回です。
わなわな顔も特大メヤ?もとってもいいですよね♪
こんなに楽しませてくれた敬嬪なので
本当にお墓にお礼を言いに行きたい気分なのです・・・・
[ 2010/11/14 21:22 ] [ 編集 ]
久しぶりに何気に見てしまったら、なんとこの回でした!
メヤ、サヤ、4回確認しました。確かにものすごい暴れよう、必死に戦いつつ、ドバドバかけられ、役者さんも大変。鼻から入ってむせてNGなどあったでしょうが、確かにこんな史実があったかもと思いました。
それにしても、王妃様もナンジョンも、なんとこじつけようと、明らかにライバルだからね。こわ~
キョンビンママのお墓に行ってみたいとほんとに思います。
梅子さまの名解説を頼りに、見始めた韓流ドラマですが、チャングムの再開もかすむ納得の回です。
[ 2013/08/07 09:34 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント