*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ 128話>

灼鼠の変の真相がバレたらナンジョンも危ないぞ!とキム・アンロ(希楽堂)。
一瞬アセる王妃(文定王后)でしたが、その横にはべるナンジョンはなんのその。
王妃様のためなら命を捨てるのでご心配なくぅ~♪とシラっと言ってのけました。
返事を保留して中宮殿を出た希楽堂に王妃&ナンジョンのダブル高笑いが響きます♪
次にナンジョンは左議政シム・ジョン(華川君)を呼びとめてこうたきつけます。
「希楽堂の置簿冊を無用のものにしたのでこの隙に希楽堂を追放するのです!」。

ナンジョンを殺すべきだった!と怒り狂う希楽堂をユン・ウォンヒョンが訪ね、
「民のために使わず王妃様を陥れることばかりするなら五十万両返してちょ♪」。
希楽堂が手形を投げつけ怒りに震えていると、今度は王妃長兄ウォンロが登場。
ナンジョンがいるかぎりお前を出仕させない!と希楽堂に憎々しげに言われ、
ナンジョンと息子サムのことをますます疎ましく思うウォンロでした。

東宮殿で気を失ってしまった孝惠公主(世子の同腹の姉)は涙にくれるばかり。
心を痛めた世子は「具合の悪い公主をなぜ傷つけたのです?」と王妃を責めます。
すると王妃が叩き棒と木枕セットを持ってこさせて世子サマにお仕置き!
お顔つるつるの世子の足にはしっかりすね毛があってギョッとしちゃいました。
王妃のわけのわからない迫力にのまれ、世子がなぜか親不孝を詫びはじめます。
後で中宗に責められた王妃は「私情に流されない強い君主にするためです!」と
いつものように涙を浮かべながら正論にすり替えて中宗を感動させてしまいます。
それを部屋の外で聞いていた世子は、王妃の母心にカンドーしまくるのでした。

自分のことを「妹」と呼ぶ調子のよいチョンニョムにナンジョンが怒っています。
父チョン・ユンギョムが都摠管(トチョングァン)を退いて田舎に引っ込んだ後、
地位を求めて福城君の側近にお金を使い果たしてしまったチョンニョムは
困り果てて異母妹ナンジョンを頼ってきたのでした。新しい手先の誕生ですね♪
下山したイム・ペクリョンはメヒャンが妓生房をナンジョンに託して消えたと知り
ショックを受けてオイオイ泣いています。拒絶して放っておいてくせにね・・・。

希楽堂に先んじて灼鼠事件の再調査を請願しようと華川君一派が話している頃、
孝恵公主(生き証人)がこのまま死ねば自分の弱みはなくなると希楽堂は考え、
それを察したナンジョンは「置簿冊をくれれば助けてやる」と希楽堂に迫ります。
希楽堂が置簿冊を渡しかけたその瞬間、公主が危篤だというしらせが届きました!
スポンサード リンク
<久しぶりの「SATC」>  | HOME | <「女人天下」あらすじ 127話>



このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/09/13 12:34 ] [ 編集 ]
Kさま、こんにちは。以前もコメントいただきましたよね。
そしてこのたびはご指摘ありがとうございます!

急いで128話を確認したところ、
たしかにお金を使い果たしたのはチョンニョムでした!

私のメモが雑なために、間違ったあらすじを書いていました。
先ほど訂正いたしました。正しいあらすじに直せてよかったです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
[ 2009/09/13 14:11 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/09/13 16:03 ] [ 編集 ]
こちらこそご親切なコメントをありがとうございました。
(わざわざ隠しメッセージにてお伝えいただいたのかと思うと
お気遣いに恐縮しております)

あらすじを活用してくださっているとのことで大変うれしいです。
お茶目な韓国ドラマをこれからもご一緒に楽しめれば幸いです。
[ 2009/09/13 23:14 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント