*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 15話>

天真庵のポンリョン僧侶は、立派になったヤンを認めて「ナウリ」と呼んでくれ、
ユン・ボベの産んだ赤ん坊に和成(ファソン)という名前もつけてくれます。

で、二人に残された問題は、ザ・しつこい男なキム・ゴンシンでした。
とにかくわかってくれと申し入れるヤンに、部下のカン武官も加勢して説得。
キム・ゴンシンが王命(=キム父に下された処分)に反感を持っていたことや
両班の妻(=ユン・ボベ)を奪ったことなどをヤンが上司の前でかばったそうで、
打ちひしがれたキム・ゴンシンは最後にユン・ボベにラブレターを書きました。
「赤ん坊がわが子であることを祈っていた」「命と引き換えに詫びる」・・・。
ってことで、キム・ゴンシンの屋敷は火に包まれ、ヤンたちは平穏な日々を得ます。

信仰には背けません!と、親族に提出する確約書を拒んだままのイ・ビョク。
父上より天主のほうが大事なの?と母に問われると、「いえ私が死にます・・・」。
慶州イ氏ご本家のおエライさん(「女人」のペク頭領です)が催促にくると、
イ・ブマンは息子が熱病を患ったことにして部屋に閉じ込めて釘を打ち付けます。
イ・ビョクは部屋の中で絶食を続けながら天主への祈りをささげました。
しらじらしく仮病を使いやがって!と慶州イ氏の長はもちろんプンプンお怒りです。

親族あげてのイ・ブマン一家の大騒動は、やがて都の噂になりました。
正祖の側近チェ・ジェゴンや世子の師匠で洗礼も受けたクォン・チョルシン(鹿庵)ら
天主教に理解の深い人々(=南人派)がぞくぞくとイ・ブマンの屋敷を訪れます。
学問に励む立派な息子をなぜ閉じ込める?とイ・ブマンに聞くチェ・ジェゴン。
一族に従っても背教にはならないぞ!と部屋に話しかけるクォン・チョルシン・・・。
使用人の部屋にイ・ビョクが閉じ込められてから半月後、戸の釘が抜かれました。
スポンサード リンク
<「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 16話>  | HOME | <「正祖大王 -偉大なる王の肖像-」あらすじ 14話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント