*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 20話>

第20話「姉妹の定め」

兄・傅子元の自害を知った傅瑤は、王政君の見送りも拒んで定陶へ旅立ちました。
長安とは全く違うさびしい地に着いた傅瑤はすぐさま定陶宮を立派に調えさせ、
路傍で拾った貧しい姉妹に礼儀や舞の英才教育をほどこし始めます。

王政君は成帝の寵愛を集める班恬を婕に昇進させつつ、
御子を宿して後宮を制したのだから寛大にかまえなさいと許皇后に助言。
しかし許皇后は死産してしまい、王政君は混乱と悲しみでよろけます。
そんな未央宮のようすを傅瑤が定陶の地で嘲笑するのでした。

真面目でけなげな許皇后ですが、成帝はあまり萌えないようで、
王政君から背中を押されてしぶしぶおわたり。二人の仲はぎくしゃくしています。

5年後、孤児だった定陶の姉妹は“王女のように扱われて”美しく成長しました。
姉・趙宜主(ちょうぎしゅ)と妹・趙合徳(ちょうごうとく)にご注目です。
良娣をなくし独り身の定陶恭王(康)は、宜主の舞い姿にビビビッと来て接近。
燕を巣に戻す軽やかな身のこなしを見て、“飛燕(ひえん)”と名づけます。
その様子をおっそろしい目で睨んでいた傅瑤はすぐさま宜主を投獄。(こわー)
昭儀になったときに宣帝にもらった髪飾りを与え、長安に行かせると話します。
飛燕(宜主)は恭王から贈られた手紙を池に捨て、
傅瑤は傷心の息子のために丁姫(ていき)をつかわすのでした。

さて、王政君の兄である大司馬大将軍・王鳳は、若き成帝の摂政がわり。
短気で臣下と対立ばかりする成帝には困りますな~と兄からこぼされた王政君が
太皇太后(まだ生きてる!)に相談にいくと、
居丈高ではなく母としてやさしく言い聞かせなさいとアドバイスされつつ、
定陶(=傅瑤)のようすを警戒したほうがよいと言われました。
(ちなみに、王昭君の輿入れ後、西域との抗争が減ったことも報告していました)
そんな折、王鳳が倒れたとのしらせが王政君を驚かせます。
スポンサード リンク
<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 21話>  | HOME | <「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 19話>



日本語字幕では名前が出てこないかな。地味に気になります。いつも細かくてすみません( ´∀`)いまクイーンズを見返しているので、うめ子さまのあらすじ大変助かります(^-^)ゝ゛
[ 2013/05/09 14:46 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント