*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<王道(ワンド)な雑談 まとめ>

韓国ドラマ「王道(ワンド)」の登場人物エピソードなど
あらすじ以外の記事はこちらからアクセスできます。

なおこの時代の人物相関図については「イ・サン(正祖)」雑談にあります。

また「王道」と同じ時代を描いたドラマに以下があります。
・「イ・サン(正祖)」(英祖→正祖)
・「洪國榮 -ホン・グギョン-」(英祖→正祖)

ちなみに「洪國榮 -ホン・グギョン-」では、
ファワン翁主の養子になる前のチョン・フギョムも登場しますよ。

そして「王道」の少し前の時代のドラマに以下があります。
・「張禧嬪」(粛宗→景宗)
・「妖婦 張禧嬪」(粛宗)
※粛宗の息子が英祖にあたります。

<ホン・グギョン(洪國榮)と勢道政治 その3>たった4年のはかなき権勢
<ホン・グギョン(洪國榮)と勢道政治 その2>出世したグギョンのヤなやつっぷり
<ホン・グギョン(洪國榮)と勢道政治 その1>放蕩者だったグギョン
<貞純王后の兄キム・グィジュの可哀想な追放理由>「イ・サン」ではキム・ギジュ
<「数百年間に二度しかない」という独対はいつの独対?>よりすぐってみました♪
<「王道(ワンド)」で存在感のあったソ・ミョンソン>左議政だった徐命善について
<「王道(ワンド)」あらすじ34話のその後に その2>「イ・サン」との違い
<「王道(ワンド)」あらすじ34話のその後に その1>ILoveキム・ジェヒョンワールド
<「王道(ワンド)」の原題は・・・>「私説鄭鑑録」って?
<「王道(ワンド)」あらすじ、はじめます>
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 55話>  | HOME | <ホン・グギョン(洪國榮)と勢道政治 その3>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント