*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<悲劇の王妃・廃妃慎(シン)氏について その4 復位騒動>

功臣たちの強い要請によってシン氏が王妃の座から下ろされた後、
中宗は二番目の王妃として章敬王后尹氏を迎えます。
章敬王后は1515年に元子(後の仁宗)を産むも、その数日後に逝去。
すると次の王妃選びをめぐって、シン氏の復位騒動が起こりました。

まず、このとき王妃の座を虎視眈々と狙っていたのは、われらが敬嬪♪
中宗の寵愛をひとりじめにしていましたし、長男・福城君も生まれていました。
しかし、長男を産んだ側室が王妃になれば、世継ぎ争い勃発は目に見えています。
それを憂慮した金浄(キム・ジョン)と朴祥(パク・サン)が提案したのが復位。
もともと無理やり王妃の座を追われたに等しいシン氏を復位ささせつつ
後宮を王妃にするのも食い止められるというわりとまっとうな論に見えますが、
大司諌・李荇(イ・ヘン)と大司憲・権敏手(クォン某)の考えは違いました。
もしシン氏が復位して王子を産んだ日にはまた争いが起こる~!というわけです。
(結局どう転んでも世継ぎ争いは避けられなさそうですね・・・)

しかし中宗はキム・ジョンとパク・サンを流刑して復位問題に決着をつけました。
お前ら!復位を主張するならなんで俺が泣いてたあの日に言わない?!
三人の功臣が死んでから言うなんてムシがよすぎるし人騒がせ!(超勝手訳)
というのが二人への中宗のお言葉でした。

この復位事件は「女人天下」あらすじ第9話でちょこっと出てきます。
また己卯士禍(キミョサファ)の発端はこの復位事件(関連記事)でした。
復位賛成派のチョ・グァンジョが、じゃあイとクォンも追放してよ!と言い、
キム・アンロが両是論を唱え
その後チョがキムとパクの赦免を主張し、
士林派と功臣派が争う政局大混乱時代へ突入)
このときシン氏はどういう思いでいたのかと思いを馳せてしまいます。
スポンサード リンク
<悲劇の王妃・廃妃慎(シン)氏について その5 180年の時を経て>  | HOME | <悲劇の王妃・廃妃慎(シン)氏について その3 別離>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント