*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 5~8話>

↓ 「太陽を抱く月」一話ごとの詳細版あらすじはこちら ↓
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話

大妃ユン氏とミナ公主のそばで国巫チャン・ノギョンが呪術をかけると、世子嬪ホ・ヨヌは原因不明の病に倒れ、実家に戻された。世子フォンはひそかにホ家を訪ね、簪を贈る。ヨヌの神降ろしが必要だとチャン・ノギョンに言われた大提学ホ・ヨンジュは、ある重大な決意をする。世子に宛てた手紙を書いたヨヌは、父が手にしていた薬をみずから望み、永遠の眠りについた。大提学とヨムは朝廷を追われ、新しい世子嬪にはユン・ボギョンが選ばれる。

時が流れ、龍床に就いたフォンは外戚派に厳しい姿勢で挑み、王妃との夜伽も拒み続けていた。王の体調がすぐれず、世継ぎもいないため、ヤンミョン君を次王と目する人も多い。ホ・ヨンジェは逝去。ミナ公主がヨムと結婚したおかげでホ家は断絶を免れていた。

埋葬してすぐに棺から出されたヨヌは記憶を失っており、チャン・ノギョンの神娘として侍女ソルらと暮らしていた。ある日、温陽へ行幸した王は、一緒に外出した雲剣キム・ジェウンと共に道に迷い、ヨヌの山小屋を訪れる。名もない巫女にウォルと名づけた王は、亡き世子嬪ヨヌを重ねて心を乱され、都に戻ると彼女を探させるが、見つからない。

王の病を治癒させたい大王大妃ユン氏が、チャン・ノギョンを呼び戻せと命令。観象監の教授は彼女の神娘であるウォルを宮殿に連行し、王の厄を受け止める“身代わり巫女”にした。王が眠る大殿に入ってきた巫女を見たキム・ジェウンは驚くも、口外することは許されず、王は何も知らないまま元気を取り戻す。大王大妃はこの結果に満足し、ウォルは眠る王の横で見守り続けるが、ある夜、王が目を覚ました。
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 9~12話>  | HOME | <「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 1~4話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント