*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 17~20話(最終回)>

↓ 「太陽を抱く月」一話ごとの詳細版あらすじはこちら ↓
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話

西活人署を訪ねた王フォンは巫女ウォルを「ヨヌ」と呼び、抱きしめた。そこへ領議政ユン・デヒョンの手下が現れ、ヨヌを襲う。その騒乱からヨヌを連れ出したヤンミョン君は、生母の禧嬪パク氏が暮らす寺へ勝手に連れて行くと、再び想いを告げた。しかし王が現れて遮り、ヨヌを宮殿へ連れて帰り、康寧殿の奥の一室に匿う。

成祖と大妃ユン氏が世子嬪の死後にミナ公主の殿閣を頻繁に訪ねていたと知った王は、ミナ公主まで呪術に関わっていたという事実に愕然とする。それでも身内にも厳しく挑むという姿勢を崩さず、まずは大王大妃ユン氏を温陽に追放した。

次は臣下に処分が下ると察した領議政ユン・デヒョンは、ヤンミョン君を新王に推戴する謀反を計画。新王妃には姪を据えようと考えていた。さらに大王大妃に毒を盛り、ヨムには刺客を放つが、ヨムを慕っていた侍女ソルがヨムを守って死ぬ。この先どう転んでも廃妃は免れないため、王妃ボギョンは自ら命を絶った。

反逆軍と共に宮殿に乗り込んだヤンミョン君は、剣を王ではなく兵に向け、ユン・デヒョンらを始末する。ところが自分を狙う槍をよけずに刺され、大逆者の署名を集めた名簿を王に渡すと、息を引き取った。その後、ミナ公主は出産を終えると官奴に降格され、チャン・ノギョンはヨヌを庇護したことが考慮されたが慰霊祭で命が果てた。

数年後、王は王妃ヨヌとの間に元子をもうけ、ヨムは息子ウイと暮らしていた。王は王妃の願いに応じてミナ公主の復位を認めていたが、ヨムは妹の死を望んだミナ公主を許せない。だが、死んだ侍女ソルがヨムの幸せを願っていると巫女から聞かされ、ミナ公主を許した。王と王妃は今もおしどり夫婦と称されている。
スポンサード リンク
<「太陽を抱く月」あらすじ超ざっくりイッキ読み版 全20話分>  | HOME |  <「太陽を抱く月」あらすじ簡易版 13~16話>



コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント