*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ簡易版 101~110話>

「女人天下」あらすじ詳細版(各話版)はこちら→1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話 60話 61話 62話 63話 64話 65話 66話 67話 68話 69話 70話 71話 72話 73話 74話 75話 76話 77話 78話 79話 80話 81話 82話 83話 84話 85話 86話 87話 88話 89話 90話 91話 92話 93話 94話 95話 96話 97話 98話 99話 100話 101話 102話 103話 104話 105話 106話 107話 108話 109話 110話 111話 112話 113話 114話 115話 116話 117話 118話 119話 120話 121話 122話 123話 124話 125話 126話 127話 128話 129話 130話 131話 132話 133話 134話 135話 136話 137話 138 139話 140話 141話 142話 143話 144話 145話 146話 147話 148話 149話 150話 Columns

巴陵君(パルングン)が捕らえられ、ナンジョンが作った証拠が次々と見つかる。挙兵による王位簒奪を恐れる中宗は、パルングンと功臣の双方を守る書類で決着をつけようとするが、パルングンは白紙の殺生簿を渡してみずから都を去って行く。

王妃(文定王后)とナンジョン、そして敬嬪が次に追放したいのは、世子の後ろ盾であるキム・アンロ(希楽堂)と判府事ユン・イムだった。敬嬪の資金源であるチャン・デインがナンジョンと結託し、資金難にあえぐ希楽堂に賄賂を提供して不正の証拠をつくると、敬嬪に先んじて、王妃が手配した司憲府が希楽堂を逮捕。ウォンヒョンから希楽堂への疑いを植えつけられていた判府事は彼を助けず、敬嬪に近づこうと賄賂を渡し、中宗の知るところとなる。希楽堂はプンドクへと流され、判府事は外職に就く。

今度は王妃を攻撃したい敬嬪は、今回の事件は王妃とナンジョンの仕組んだものだと大妃(貞顕王后)に告げ、司憲府を勝手に動かしてナンジョンを捕らえる。キルサンの助けで脱出したナンジョンは、敬嬪が世子に抱いている悪意を中宗に訴え、敬嬪の暴言を大妃も知ったことから、敬嬪の企みは失敗に終わる。朝廷では、敬嬪派のナム・ゴンが左議政から領議政へと昇進。ヒ嬪の父ホン・ギョンジュ(南陽君)が逝去した。

王妃は公主(娘)、ナンジョンは息子を出産。判府事は外地へメヒャンを伴おうとするが、想い人イムがいると知り激昂する。済州島からの帰路、火賊に遭いメヒャンの母とはぐれたシムトゥンが一人で都へ戻る。チャン・デインは南小門の客主をペクに戻し、ヌングムを明へ修行にやる。福城君は成婚して宮殿から出て行った。
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 15話>  | HOME | <「イ・サン(正祖)」あらすじ 14話>



こんばんは!

>今度は王妃を攻撃したい敬嬪は、今回の事件は王妃とナンジョンの仕組んだ
>司憲府を不法に動かしてナンジョンを捕らえる

うわー、このへん面白そうですね!しかも中宗と大妃様のお怒りの様子が目に浮かぶようです・・・。

>ヒ嬪の父・南陽君(ホン・ギョンジュ)が逝去した

途中からかなり情けないお笑いキャラっぽい感じでしたが、なくなられると寂しい
ですね。でも中宗反正の中枢にいた豪傑なはずが・・(笑)。おひげが印象的
でした。

>南小門の客主をペクに戻し、ヌングムを明へ修行にやる

このままヌングムでてこないんでしたっけ。以前教えていただいたような・・・
チャン・ディンは少しは本筋に関わったといえるのでしょうか?
ペク頭領もよかったですね^^

>福城君は成婚して宮殿から出て行った

話が出てからずいぶん引っ張るなー、と思いましたが、やっと(す
いません)結婚して出て行くんですね。「女人天下」、恐ろしく引っ張って
長い部分と、100話以降のスピード展開が、ちょっと違和感です。

100話までにかけた話数と内容考えたら全300話くらいでも!(いきすぎk^^)
明宗時代にとる時間って残ってるんでしょか?仁宗が死んだら終わり
くらいに思えるんですが(スジからしてありませんが、文定王后が死ぬ
までやらないとおかしいですし・・^^)

キルサン役のパク・サンミンさんですが、「大王世宗」のところでも思った
んですが、「哀愁を帯びた武人」っぽい役で定評があるのでしょうか?
「大王世宗」の大君とか、キルサンとか・・うーん。でもアクションにや
やっぱりすこし恰幅がよくていらっしゃいますね・・


[ 2009/11/09 21:18 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは♪今年もよろしくお願いします~


> 途中からかなり情けないお笑いキャラっぽい感じでしたが、なくなられると寂しい
> ですね。でも中宗反正の中枢にいた豪傑なはずが・・(笑)。

そうなんですよ~。「虎」といわれたそうですから実際は
かなりのツワモノだったのでしょうけど、
このドラマではヒ嬪とともに単純お笑いキャラ系でしたよね。


> >南小門の客主をペクに戻し、ヌングムを明へ修行にやる
>
> このままヌングムでてこないんでしたっけ。以前教えていただいたような・・・
> チャン・ディンは少しは本筋に関わったといえるのでしょうか?

そうです、ヌングムは出てきません~フェイドアウトです。
チャン・デインも、そうですね、ちょっとは関わってますね。
別にチャン・デインでなくてもよかったのでしょうけど
重臣たちの資金源として勢力をもつ商人がいたということで。
(実在だったらおもしろいですけどね)


> 話が出てからずいぶん引っ張るなー、と思いましたが、やっと(す
> いません)結婚して出て行くんですね。「女人天下」、恐ろしく引っ張って
> 長い部分と、100話以降のスピード展開が、ちょっと違和感です。

最初のほうと展開のスピードが全く違いますよね。
特に最終回なんてものすごいスピード展開です・・・
もちっとペース配分を考えられなかったのですかね。


> 「大王世宗」の大君とか、キルサンとか・・うーん。でもアクションにや
> やっぱりすこし恰幅がよくていらっしゃいますね・・

はい、ファンの方には申し訳ないのですが、
私はどうもメタビーなイメージが強くて
まったくアクションぽい印象はないんです・・・
[ 2010/01/10 04:06 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント